国名コードは、国や地域につけられる符号(コード)の事で、通常国際規格ISO3166-1のコードが使われますが、オリンピックやサッカーなどのスポーツでは国際協会独自のコードが使われる事があります。

 

国際機関毎の国名コード
番号国・地域名IOCFIFAISO地域
3文字3文字3文字2文字
1インド(India)INDINDINDINアジア
2スリランカ(Sri Lanka)SRISRILKALKアジア
3ネパール(Nepal)NEPNEPNPLNPアジア
4パキスタン(Pakistan)PAKPAKPAKPKアジア
5バングラデシュ(Bangladesh)BANBANBGDBDアジア
6ブータン(Bhutan)BHUBHUBTNBTアジア
7インドネシア(Indonesia)INAIDNIDNIDアジア
8カンボジア(Cambodia)CAMCAMKHMKHアジア
9シンガポール(Singapore)SINSINSGPSGアジア
10タイ(Thailand)THATHATHATHアジア
11東ティモール(Timor-Leste)TLSTLSTLSTLアジア
12フィリピン(Philippines)PHIPHIPHLPHアジア
13ブルネイ・ダルサラーム(Brunei Darussalam)BRUBRUBRNBNアジア
14ベトナム(Viet Nam)VIEVIEVNMVNアジア
15マレーシア(Malaysia)MASMASMYSMYアジア
16ミャンマー(Myanmar)MYAMYAMMRMMアジア
17ラオス人民民主共和国
(Lao People's Democratic Republic)
LAOLAOLAOLAアジア
18大韓民国(Korea, Republic of)KORKORKORKRアジア
19台湾(Taiwan, Province of China)TPETPETWNTWアジア
20中華人民共和国(China)CHNCHNCHNCNアジア
21朝鮮民主主義人民共和国
(Korea, Democratic People's Republic of)
PRKPRKPRKKPアジア
22日本(Japan)JPNJPNJPNJPアジア
23香港(Hong Kong)HKGHKGHKGHKアジア
24マカオ(Macau)MACMACMOアジア
25モンゴル(Mongolia)MGLMGLMNGMNアジア
26ウズベキスタン(Uzbekistan)UZBUZBUZBUZアジア
27カザフスタン(Kazakhstan)KAZKAZKAZKZアジア
28キルギス(Kyrgyzstan)KGZKGZKGZKGアジア
29タジキスタン(Tajikistan)TJKTJKTJKTJアジア
30トルクメニスタン(Turkmenistan)TKMTKMTKMTMアジア
31アルジェリア(Algeria)ALGALGDZADZアフリカ
32エジプト(Egypt)EGYEGYEGYEGアフリカ
33チュニジア(Tunisia)TUNTUNTUNTNアフリカ
34モロッコ(Morocco)MARMARMARMAアフリカ
35リビア(Libya)LBALBYLBYLYアフリカ
36アンゴラ(Angola)ANGANGAGOAOアフリカ
37ザンビア(Zambia)ZAMZAMZMBZMアフリカ
38ジンバブエ(Zimbabwe)ZIMZIMZWEZWアフリカ
39スワジランド(Swaziland)SWZSWZSWZSZアフリカ
40ナミビア(Namibia)NAMNAMNAMNAアフリカ
41ボツワナ(Botswana)BOTBOTBWABWアフリカ
42マラウイ(Malawi)MAWMWIMWIMWアフリカ
43南アフリカ(South Africa)RSARSAZAFZAアフリカ
44モーリシャス(Mauritius)MRIMRIMUSMUアフリカ
45モザンビーク(Mozambique)MOZMOZMOZMZアフリカ
46レソト(Lesotho)LESLESLSOLSアフリカ
47エチオピア(Ethiopia)ETHETHETHETアフリカ
48エリトリア(Eritrea)ERIERIERIERアフリカ
49ケニア(Kenya)KENKENKENKEアフリカ
50ジブチ(Djibouti)DJIDJIDJIDJアフリカ
51スーダン(Sudan)SUDSUDSDNSDアフリカ
52ソマリア(Somalia)SOMSOMSOMSOアフリカ
53タンザニア(Tanzania, United Republic of)TANTANTZATZアフリカ
54南スーダン(South Sudan)SSDSSDSSアフリカ
55ウガンダ(Uganda)UGAUGAUGAUGアフリカ
56ガボン(Gabon)GABGABGABGAアフリカ
57カメルーン(Cameroon)CMRCMRCMRCMアフリカ
58コンゴ共和国(Congo)CGOCGOCOGCGアフリカ
59コンゴ民主共和国
(Congo, the Democratic Republic of the)
CODCODCODCDアフリカ
60サントメ・プリンシペ(Sao Tome and Principe)STPSTPSTPSTアフリカ
61赤道ギニア(Equatorial Guinea)GEQEQGGNQGQアフリカ
62チャド(Chad)CHACHATCDTDアフリカ
63中央アフリカ共和国(Central African Republic)CAFCTACAFCFアフリカ
64ナイジェリア(Nigeria)NGRNGANGANGアフリカ
65ニジェール(Niger)NIGNIGNERNEアフリカ
66ブルンジ(Burundi)BDIBDIBDIBIアフリカ
67ルワンダ(Rwanda)RWARWARWARWアフリカ
68ガーナ(Ghana)GHAGHAGHAGHアフリカ
69カーボベルデ(Cape Verde)CPVCPVCPVCVアフリカ
70ガンビア(Gambia)GAMGAMGMBGMアフリカ
71ギニア(Guinea)GUIGUIGINGNアフリカ
72ギニアビサウ(Guinea-Bissau)GBSGNBGNBGWアフリカ
73コートジボワール(C?te d'Ivoire)CIVCIVCIVCIアフリカ
74シエラレオネ(Sierra Leone)SLESLESLESLアフリカ
75セネガル(Senegal)SENSENSENSNアフリカ
76セントヘレナ・アセンションおよびトリスタンダクーニャ
(Saint Helena, Ascension and Tristan da Cunha)
SHNSHアフリカ
77トーゴ(Togo)TOGTOGTGOTGアフリカ
78西サハラ(Western Sahara)ESHEHアフリカ
79ブルキナファソ(Burkina Faso)BURBFABFABFアフリカ
80ベナン(Benin)BENBENBENBJアフリカ
81マリ(Mali)MLIMLIMLIMLアフリカ
82モーリタニア(Mauritania)MTNMTNMRTMRアフリカ
83リベリア(Liberia)LBRLBRLBRLRアフリカ
84アメリカ合衆国(United States)USAUSAUSAUSアメリカ
85カナダ(Canada)CANCANCANCAアメリカ
86サンピエール島・ミクロン島
(Saint Pierre and Miquelon)
SPMPMアメリカ
87アルゼンチン(Argentina)ARGARGARGARアメリカ
88ウルグアイ(Uruguay)URUURUURYUYアメリカ
89エクアドル(Ecuador)ECUECUECUECアメリカ
90ガイアナ(Guyana)GUYGUYGUYGYアメリカ
91コロンビア(Colombia)COLCOLCOLCOアメリカ
92サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島
(South Georgia and the South Sandwich Islands)
SGSGSアメリカ
93スリナム(Suriname)SURSURSURSRアメリカ
94チリ(Chile)CHICHICHLCLアメリカ
95パラグアイ(Paraguay)PARPARPRYPYアメリカ
96フォークランド(マルビナス)諸島
(Falkland Islands - Malvinas)
FLKFKアメリカ
97ブラジル(Brazil)BRABRABRABRアメリカ
98フランス領ギアナ(French Guiana)GUFGFアメリカ
99ベネズエラ・ボリバル共和国
(Venezuela, Bolivarian Republic of)
VENVENVENVEアメリカ
100ペルー(Peru)PERPERPERPEアメリカ
101ボリビア多民族国(Bolivia, Plurinational State of)BOLBOLBOLBOアメリカ
102アメリカ領ヴァージン諸島(Virgin Islands, U.S.)ISVVIRVIRVIアメリカ
103アルバ(Aruba)ARUARUABWAWアメリカ
104アンギラ(Anguilla)AIAAIAAIアメリカ
105アンティグア・バーブーダ(Antigua and Barbuda)ANTATGATGAGアメリカ
106イギリス領ヴァージン諸島(Virgin Islands, British)IVBVGBVGBVGアメリカ
107エルサルバドル(El Salvador)ESASLVSLVSVアメリカ
108キューバ(Cuba)CUBCUBCUBCUアメリカ
109キュラソー(Cura?ao)CUWCUWCWアメリカ
110グアテマラ(Guatemala)GUAGUAGTMGTアメリカ
111グアドループ(Guadeloupe)GLPGPアメリカ
112グレナダ(Grenada)GRNGRNGRDGDアメリカ
113ケイマン諸島(Cayman Islands)CAYCAYCYMKYアメリカ
114コスタリカ(Costa Rica)CRCCRCCRICRアメリカ
115サン・バルテルミー(Saint Barth?lemy)BLMBLアメリカ
116サン・マルタン(フランス領)
(Saint Martin - French part)
MAFMFアメリカ
117ジャマイカ(Jamaica)JAMJAMJAMJMアメリカ
118シント・マールテン(オランダ領)
(Sint Maarten - Dutch part)
SXMSXアメリカ
119セントクリストファー・ネイビス(Saint Kitts and Nevis)SKNSKNKNAKNアメリカ
120セントビンセントおよびグレナディーン諸島
(Saint Vincent and the Grenadines)
VINVINVCTVCアメリカ
121セントルシア(Saint Lucia)LCALCALCALCアメリカ
122タークス・カイコス諸島(Turks and Caicos Islands)TCATCATCアメリカ
123ドミニカ共和国(Dominican Republic)DOMDOMDOMDOアメリカ
124ドミニカ国(Dominica)DMADMADMADMアメリカ
125トリニダード・トバゴ(Trinidad and Tobago)TTOTRITTOTTアメリカ
126ニカラグア(Nicaragua)NCANCANICNIアメリカ
127ハイチ(Haiti)HAIHAIHTIHTアメリカ
128パナマ(Panama)PANPANPANPAアメリカ
129バハマ(Bahamas)BAHBAHBHSBSアメリカ
130バミューダ(Bermuda)BERBERBMUBMアメリカ
131バルバドス(Barbados)BARBRBBRBBBアメリカ
132プエルトリコ(Puerto Rico)PURPURPRIPRアメリカ
133ベリーズ(Belize)BIZBLZBLZBZアメリカ
134ボネール、シント・ユースタティウスおよびサバ
(Bonaire, Saint Eustatius and Saba)
BESBQアメリカ
135ホンジュラス(Honduras)HONHONHNDHNアメリカ
136マルティニーク(Martinique)MTQMQアメリカ
137メキシコ(Mexico)MEXMEXMEXMXアメリカ
138モントセラト(Montserrat)MSRMSRMSアメリカ
139イギリス領インド洋地域
(British Indian Ocean Territory)
IOTIOインド洋地域
140ココス(キーリング)諸島(Cocos (Keeling) Islands)CCKCCインド洋地域
141コモロ(Comoros)COMCOMCOMKMインド洋地域
142セーシェル(Seychelles)SEYSEYSYCSCインド洋地域
143ハード島とマクドナルド諸島
(Heard Island and McDonald Islands)
HMDHMインド洋地域
144フランス領南方・南極地域
(French Southern Territories)
ATFTFインド洋地域
145マダガスカル(Madagascar)MADMADMDGMGインド洋地域
146マヨット(Mayotte)MYTYTインド洋地域
147モルディブ(Maldives)MDVMDVMDVMVインド洋地域
148レユニオン(R?union)REUREインド洋地域
149アメリカ領サモア(American Samoa)ASAASAASMASオセアニア
150ウォリス・フツナ(Wallis and Futuna)WLFWFオセアニア
151オーストラリア(Australia)AUSAUSAUSAUオセアニア
152合衆国領有小離島
(United States Minor Outlying Islands)
UMIUMオセアニア
153北マリアナ諸島(Northern Mariana Islands)MNPMPオセアニア
154キリバス(Kiribati)KIRKIRKIオセアニア
155グアム(Guam)GUMGUMGUMGUオセアニア
156クック諸島(Cook Islands)COKCOKCOKCKオセアニア
157クリスマス島(Christmas Island)CXRCXオセアニア
158サモア(Samoa)SAMSAMWSMWSオセアニア
159ソロモン諸島(Solomon Islands)SOLSOLSLBSBオセアニア
160ツバル(Tuvalu)TUVTUVTVオセアニア
161トケラウ(Tokelau)TKLTKオセアニア
162トンガ(Tonga)TGATGATONTOオセアニア
163ナウル(Nauru)NRUNRUNRオセアニア
164ニウエ(Niue)NIUNUオセアニア
165ニューカレドニア(New Caledonia)NCLNCLNCオセアニア
166ニュージーランド(New Zealand)NZLNZLNZLNZオセアニア
167ノーフォーク島(Norfolk Island)NFKNFオセアニア
168バヌアツ(Vanuatu)VANVANVUTVUオセアニア
169パプアニューギニア(Papua New Guinea)PNGPNGPNGPGオセアニア
170パラオ(Palau)PLWPLWPWオセアニア
171ピトケアン(Pitcairn)PCNPNオセアニア
172フィジー(Fiji)FIJFIJFJIFJオセアニア
173フランス領ポリネシア(French Polynesia)PYFPFオセアニア
174マーシャル諸島(Marshall Islands)MHLMHLMHオセアニア
175ミクロネシア連邦(Micronesia, Federated States of)FSMFSMFMオセアニア
176キプロス(Cyprus)CYPCYPCYPCY地中海地域
177マルタ(Malta)MLTMLTMLTMT地中海地域
178アフガニスタン(Afghanistan)AFGAFGAFGAF中東
179アラブ首長国連邦(United Arab Emirates)UAEUAEAREAE中東
180イエメン(Yemen)YEMYEMYEMYE中東
181イスラエル(Israel)ISRISRISRIL中東
182イラク(Iraq)IRQIRQIRQIQ中東
183イラン・イスラム共和国(Iran, Islamic Republic of)IRIIRNIRNIR中東
184オマーン(Oman)OMAOMAOMNOM中東
185カタール(Qatar)QATQATQATQA中東
186クウェート(Kuwait)KUWKUWKWTKW中東
187サウジアラビア(Saudi Arabia)KSAKSASAUSA中東
188シリア・アラブ共和国(Syrian Arab Republic)SYRSYRSYRSY中東
189トルコ(Turkey)TURTURTURTR中東
190バーレーン(Bahrain)BRNBHRBHRBH中東
191パレスチナ(Palestinian Territory, Occupied)PLEPLEPSEPS中東
192ヨルダン(Jordan)JORJORJORJO中東
193レバノン(Lebanon)LIBLIBLBNLB中東
194アイスランド(Iceland)ISLISLISLISヨーロッパ
195オーランド諸島(?land Islands)ALAAXヨーロッパ
196グリーンランド(Greenland)GRLGLヨーロッパ
197スウェーデン(Sweden)SWESWESWESEヨーロッパ
198スヴァールバル諸島およびヤンマイエン島
(Svalbard and Jan Mayen)
SJMSJヨーロッパ
199デンマーク(Denmark)DENDENDNKDKヨーロッパ
200ノルウェー(Norway)NORNORNORNOヨーロッパ
201フィンランド(Finland)FINFINFINFIヨーロッパ
202フェロー諸島(Faroe Islands)FROFROFOヨーロッパ
203アゼルバイジャン(Azerbaijan)AZEAZEAZEAZヨーロッパ
204アルバニア(Albania)ALBALBALBALヨーロッパ
205アルメニア(Armenia)ARMARMARMAMヨーロッパ
206ウクライナ(Ukraine)UKRUKRUKRUAヨーロッパ
207エストニア(Estonia)ESTESTESTEEヨーロッパ
208オーストリア(Austria)AUTAUTAUTATヨーロッパ
209クロアチア(Croatia)CROCROHRVHRヨーロッパ
210ジョージア(Georgia)GEOGEOGEOGEヨーロッパ
211スロバキア(Slovakia)SVKSVKSVKSKヨーロッパ
212スロベニア(Slovenia)SLOSVNSVNSIヨーロッパ
213セルビア(Serbia)SRBSRBSRBRSヨーロッパ
214チェコ(Czechia)CZECZECZECZヨーロッパ
215ハンガリー(Hungary)HUNHUNHUNHUヨーロッパ
216ブルガリア(Bulgaria)BULBULBGRBGヨーロッパ
217ベラルーシ(Belarus)BLRBLRBLRBYヨーロッパ
218ポーランド(Poland)POLPOLPOLPLヨーロッパ
219ボスニア・ヘルツェゴビナ(Bosnia and Herzegovina)BIHBIHBIHBAヨーロッパ
220マケドニア旧ユーゴスラビア共和国
(Macedonia, the former Yugoslav Republic of)
MKDMKDMKDMKヨーロッパ
221モルドバ共和国(Moldova, Republic of)MDAMDAMDAMDヨーロッパ
222モンテネグロ(Montenegro)MNEMNEMNEMEヨーロッパ
223ラトビア(Latvia)LATLVALVALVヨーロッパ
224リトアニア(Lithuania)LTULTULTULTヨーロッパ
225ルーマニア(Romania)ROUROUROUROヨーロッパ
226アイルランド(Ireland)IRLIRLIRLIEヨーロッパ
227アンドラ(Andorra)ANDANDANDADヨーロッパ
228イギリス(United Kingdom)GBRGBRGBヨーロッパ
229イタリア(Italy)ITAITAITAITヨーロッパ
230オランダ(Netherlands)NEDNEDNLDNLヨーロッパ
231ガーンジー(Guernsey)GGYGGヨーロッパ
232ギリシャ(Greece)GREGREGRCGRヨーロッパ
233サンマリノ(San Marino)SMRSMRSMRSMヨーロッパ
234ジブラルタル(Gibraltar)GIBGIBGIヨーロッパ
235ジャージー(Jersey)JEYJEヨーロッパ
236スイス(Switzerland)SUISUICHECHヨーロッパ
237スペイン(Spain)ESPESPESPESヨーロッパ
238ドイツ(Germany)GERGERDEUDEヨーロッパ
239バチカン市国(Holy See - Vatican City State)VATVAヨーロッパ
240フランス(France)FRAFRAFRAFRヨーロッパ
241ベルギー(Belgium)BELBELBELBEヨーロッパ
242ポルトガル(Portugal)PORPORPRTPTヨーロッパ
243マン島(Isle of Man)IMNIMヨーロッパ
244モナコ(Monaco)MONMCOMCヨーロッパ
245リヒテンシュタイン(Liechtenstein)LIELIELIELIヨーロッパ
246ルクセンブルク(Luxembourg)LUXLUXLUXLUヨーロッパ
247ロシア連邦(Russian Federation)RUSRUSRUSRUロシア
248南極(Antarctica)ATAAQ南極
249ブーベ島(Bouvet Island)BVTBV南極


FIFAコードでは、加盟しているがIOCの会員ではない国・地域が11あるようです。以下抜粋。

  イングランド  ENG
  北アイルランド NIR
  スコットランド SCO
  ウェールズ   WAL


データ引用元:「ウィキペディア」日本語版

「無線LAN 深刻な欠陥」の見出しと、白抜きで「メール盗み見される危機」と強調された記事が、10月18日の毎日新聞に掲載されていました。

同紙によれば、

「無線LANに使われている主要な暗号化関連技術に深刻な欠陥があり、やりとりするメールや個人情報を盗み見されるといった可能性があることがベルギーの研究者の調査で分かった。国内の情報セキュリティー機関も17日、注意を呼び掛けた。
 欠陥が分かったのは「WPA2」という技術。現在使われる中では最もセキュリティーが強固とされ、推奨されていることからセキュリティー業界や利用者の間で驚きが広がった。」

というもの。

何事かと検索したら、セキュリティ規格の WPA2 に脆弱性が見つかり、特定の製品(OS、デバイスなど)に関係無く影響を受ける(攻撃される)というもので、その攻撃内容から「KRACKs」と呼ばれているようです。

原因は WPA2 の 4way-ハンドシェイクで、クライアントからの応答エラーが有るとアクセスポイントからメッセージを再送する仕組みが在り、再送メッセージを受信したクライアントが「一度だけ使われるべきランダムな文字列」などをリセットすることにより、既に使用されているセッション鍵を再利用させてしまう事にあるらしいです。


★概要

 ・WPA2 だけでなく、(恐らく)WPA1 も対象
 ・攻撃者は無線LANの通信可能範囲にいる必要がある
 ・WPA2 の通信データを盗聴される可能性(TKIP, CCMP, GCMP 暗号化プロトコル)
 ・Linux と Android は今回の攻撃に非常に弱いらしい
 ・HTTPS など別の仕組みで暗号化されている通信データの盗聴可能性無し
 ・パスワードを変更しても攻撃を防ぐ事は出来ない


★対策

 ・基本的にはクライアント端末(PC、スマートフォン等)と中継機能を使用するアクセスポイントに修正プログラムの適用が必要
 ・HTTPS で接続されている事を確認後、重要データの送受信をする
 ・有線LANを使用し、無線LANは使用しない
 ・可能ならばVPNを使用する


★気掛かり

 ・無線LAN対応家電や無線LAN対応周辺機器のメーカーが修正プログラムの配布をしてくれるのかどうか?


★追加修正

無線LANのセキュリティ問題点」の記事で、比較表が不正確だったので修正します。

 

無線LANで用いられる暗号化技術の比較
セキュリティ規格WEPWPAWPA2
暗号化方式 WEP TKIP CCMP
暗号化アルゴリズム WEPによるRC4 TKIPによるRC4 CCMPによるAES
暗号鍵の生成方法 単純 複雑 複雑
暗号鍵の更新機能 無し 有り 有り
データ改竄検知 無し 有り 有り
暗号の解読 比較的容易 困難 現状は不可能(?)

FTPソフトとレンタルサーバー間の通信内容を暗号化すれば、より安全に(パスワードや転送データなどの)ファイル転送が出来ます。

FTPソフトとして最も有名で利用者の多い「FFFTP」を使用して、レンタルサーバーのCORESERVER(XREA+も同じ)と安心なデータのやり取りをする為に、最新版のFFFTPソフトを準備します。

(マスターパスワードの設定をお忘れなく=マルウェアの攻撃を防ぐ為。
 注意:マスターパスワードを設定すると、FFFTPを起動するたびにパスワードの入力が必要になりますので、パスワードをお忘れなきように。)


●FFFTPの設定

・「FFFTPのメインウインドウ」画面で、メニューバーの「接続」から「ホストの設定」をクリックして、ホスト一覧のダイアログを表示します。
・「ホスト一覧」画面で、「設定変更」または「新規ホスト」ボタンをクリックして、ホストの設定のダイアログを表示します。

1)「ホストの設定」画面で、「基本」タブを選択

レンタルサーバー情報を設定

①ホストの設定名:任意の名前(好きな名前で構いません)
②ホスト名(アドレス):FTPサーバー(sxxx.coreserver.jp や syyy.xrea.com など)
③ユーザ名:アカウント名(FTPユーザー名)
④パスワード:アカウント名のパスワード
サーバー申し込み時の登録内容を入力します。

ホストの初期フォルダは、/public_html など任意のディレクトリを指定可能です。


2)「ホストの設定」画面で、「拡張」タブを選択

PASVモードを設定

①PASVモードを使うにチェックを入れます。


3)「ホストの設定」画面で、「暗号化」タブを選択

暗号化方式を設定

①暗号化なしで接続を許可:チェックを外す
②FTPS(Explicit)で接続:チェックを入れる
③FTPS(Implicit)で接続:チェックを外す

注意)レンタルサーバーのCORESERVER(XREA+も同じ)は、「FTPS(Implicit)」には対応していないようです。

上記、1)~3)を入力して、「OK」ボタンをクリックします。


●FFFTPでの接続

・「ホスト一覧」画面で、登録したホスト名を選択し、「接続」ボタンをクリックします。

1)初めて「FTPS(Explicit)」で接続した場合、証明書の確認(警告?)画面が表示されますので、

証明書の確認(警告)画面

「はい」ボタンをクリックします。


2)続いて「暗号化の状態の保存」画面が表示されますので、

暗号化の状態の保存

「はい」ボタンをクリックします。


3)無事に暗号化接続された場合

暗号化されています



★暗号化されていない場合、タイトルバーに「警告:暗号化されていません」と表示されます。

警告:暗号化されていません

「Windows10 をインストールしないで下さい」という情報漏洩の危険性を示唆する警告文が、つい先頃まで公共機関や公的機関などのWebサイト上に掲載されていました。

何故ならば  Windows10 は情報漏洩の役割を担った、極悪(邪悪)なスパイウエアだからです。Windows10 の使用はマイクロソフトに、ユーザーのパソコンへの侵入を認め、通信内容やハードディスクのデータを覗き見する行為を許可したことになります。

Windows10 をインストールすることは、マイクロソフトが、

 ・電子メールやツイッター、フェイスブック、Lineなどのデータ
 ・現在地や行動範囲などのデータ(GPS機能付きであれば)
 ・Webサイトの閲覧履歴
 ・利用アプリケーション

などへアクセスすることに同意を与えたことになるのです。

更には、マイクロソフトが信頼するに足る関係者と情報共有する許可まで。関係者の中には、善意に基づくすべての法執行機関が含まれるのは当然でしょう。

これは、「親類縁者、知人、友人、はたまた仕事で知りえた顧客に関する秘密の情報を、マイクロソフトが盗み出しても良いと許可(同意)してしまった」も同然です。

グループ・ポリシーの編集に精通していないユーザーは、マイクロソフトの極悪なスパイウエアを完全に無効にすることはできません。
また、マイクロソフトのOSに組み込まれたバックドアが、政府機関やクラッカーに勝手にアクセスされないという保証もないのです。

公共機関や公的機関が「Windows10 をインストールしないで下さい」と、警告文を掲載するのは当然のことです。

★現時点の対抗策は、MacOS(Linux)か、Windows7を使い続けることぐらいしかなさそうです。早急に、BTRONなどの日本謹製のパソコン用OSの整備が求められているのでは?


Windows8.1も駄目です。

2年ほど前、中国政府は「Windows8 の使用禁止命令」を出しましたが、日本では中国に対する嫌悪感情もあり、あまり話題にはなりませんでした。
しかしそれ以前に、ドイツ政府も公的に警告を発していました。

「Trusted Computing の技術を使用したマイクロソフトの Windows8 を利用することは、NSA(米・国家安全保障局)などの諜報機関にコンピュータのバックドアをいつでも無断で利用される危険性がある」と。

ドイツ政府の公式見解は「TPM2.0 というセキュリティ・チップ(特別監視用チップ)が搭載されている Windows8 のユーザーの情報は、 すべてNSAに流れている可能性がある」と言うものでした。

★ Windows8 + TPM2.0を使っているユーザーのパソコンには、NSA用の裏口(バックドア)が設定されているので、いつでも出入り自由の状態になっている、ということのようです。

パソコンを赤の他人にコントロールされたくなければ、TPM2.0 が組み込まれている Windows8 は絶対に使用しないことです。


マイクロソフトソフトウェアライセンス条項
https://www.microsoft.com/en-us/Useterms/Retail/Windows/10/UseTerms_Retail_Windows_10_japanese.htm
  最終更新日 2015 年 7 月

一部抜粋

お客様は、本ライセンス条項に同意するか、または本ソフトウェアを使用することにより、これらすべての条項に同意し、ライセンス認証中およびお客様が本ソフトウェアを使用する際に第 3 条に記載されているプライバシーに関する声明に従って特定の情報が送信されることに同意するものとします。お客様がこれらの条項に同意せず、またこれらの条項を遵守しない場合、本ソフトウェアまたはその機能を使用することはできません。

3.プライバシー、データの使用への同意。お客様のプライバシーは、当社にとって重要です。本ソフトウェアの一部の機能については、当該機能を使用する際に情報が送受信されます。これらの機能の多くは、ユーザーインターフェイスで無効にするか、使用しないように選択することができます。お客様は、本ライセンス条項に同意し、本ソフトウェアを使用することで、マイクロソフトが、Microsoft プライバシーに関する声明の記載 (aka.ms/privacy)、および本ソフトウェアの機能と関連付けられているユーザーインターフェイスの記載に従って、情報を収集、使用、および開示できることに同意します。

Windows8のスタート画面が余りにも使えないので、メモ書き程度の利用でお茶を濁していたら、マイクロソフトの横暴により、いつの間にやらアップデートが提供されなくなっていました。

仕方がないので、Windows8.1へアップデートした序でに、スタートメニュー擬きの疑似プログラムメニューでプログラムを起動する事にしました。


・タスクバーの何も無いところでマウスを右クリックし、表示されたショートカットメニューで「ツールバー」にマウスポインターを合わせます。

タスクバーを右クリックしてツールバーを選択


・プルライト(階層)メニューが表示されますので、「新規ツールバー」をクリックします。

階層メニューで新規ツールバーをクリック


・「新規ツールバー - フォルダの選択」画面が表示されますので、フォルダー欄に
  「%allusersprofile%\microsoft\windows\start menu\programs」
と入力して、「フォルダーの選択」ボタンをクリックします。

フォルダーの登録


・タスクバーに"プログラム"が追加されました。右横の「>>」をクリックすると、アプリを選択・起動出来るようになります。

タスクバーにプログラムメニューが追加


[元ネタ:日経PC21<=有り難うございます]

 以前は役立つ記事が結構ありましたが、この頃はどうしてしまったのでしょうか?

・Movable Type5.2へアップグレードする時に気を付けたい事(6.0も同様)。

1.使用言語の設定

 mt-config.cgiファイルに、

  DefaultLanguage ja

 を追加します。

 mt-config.cgiファイル内に、上記の設定が記述されていないと、MovableType3やMovableType4からアップグレードする際、画面表示が以下のような英語表示になります。

 「Time to Upgrade」画面

Time to Upgrade 画面


 「ユーザーダッシュボード」画面

ユーザーダッシュボードの画面


2.文字コードの設定

 MovableTypeのドキュメントには、以前のバージョンのMTからアップグレードする時、「データベースが MySQL5.x で、UTF-8 を利用している場合は、mt-config.cgi に "SQLSetNames 0" を指定してください。」とありますが、

 バージョンアップ後、MTの管理画面などで、文字化けする恐れがありますので、指定するのは避けて下さい。敢えて指定する場合には、「SQLSetNames 1」と指定する事をお勧めします。(平成26年2月23日時点)


参考情報。

 SQLSetNamesのドキュメント情報:

 データベースへのアクセスする際にクライアント側ライブラリで利用する文字コードを PublishCharset にあわせるための設定です。値が 1 の場合、PublishCharset の設定値をもとに、データベースにアクセスする際の文字コードが指定されます。

 使い方
 SQLSetNames 1

 初期設定値
 この環境変数に初期設定値はありません。

・XREA+(CORESERVERも同様)で、Movable Type4.2からMovable Type5.2へアップグレードします。

 1.Six ApartのサイトからMT5.2を入手し、サーバーにアップロード(設置)します。

 2.MT4.2から環境設定を引き継ぐ為、mt-config.cgi構成ファイルを、MT5.2を設置したディレクトリにアップロードします。

 3.データベースを新しいMovableTypeに対応させる為、WebブラウザでMT5.2を設置したサイトパスにアクセスします。

   例えば、取得したドメインが mt5daisuki.com で、mt ディレクトリ(フォルダ)にMT5.2を設置した場合、
   http://mt5daisuki.com/mt/mt.cgi のURLアドレスにアクセス。

 「アップグレード開始」画面が表示されますので、

アップグレード開始ボタンをクリック

 「アップグレード開始」ボタンをクリックします。


 「ログイン」画面が表示されますので、

サインインボタンをクリック

 ユーザー名とパスワードを入力して、「サインイン」ボタンをクリックします。


 自動的にアップグレードウィザードが始まり、「アップグレードを完了しました」画面が表示されますので、

MovableTypeに戻るボタンをクリック

 「MovableTypeに戻る」ボタンをクリックします。


 ユーザーダッシュボードの画面が表示されれば、

ユーザーダッシュボードの管理画面

 MT5.2へ、無事にアップグレードされました。

・XREA+(CORESERVERも同様)で、Movable Type4.2に、バックアップファイルからブログの復元を行います。

1.importディレクトリによる復元準備

 バックアップファイルのサイズが大きいと、バックアップウィザードからアップロードする方法では復元出来ない場合がありますので、この方法で復元するのが確実です。

 バックアップファイルを、MovableType4.2をインストールしたディレクトリにある、importディレクトリにアップロードします。トラブルを防ぐ為、アップロード前にimportディレクトリは空にして下さい。

バックアップファイルをimportディレクトリにアップロード

 注)zip形式などで圧縮していた場合は、解凍して下さい(圧縮ファイルのままでは、復元出来ません)。


2.バックアップしたブログの復元

 「システムモードのダッシュボード」画面で、操作メニューの「ツール」をクリックして、「復元」を選択します。

操作メニューのツールで、復元を選択

 

 「バックアップから復元」画面が表示されますので、「バックアップファイル」に何も入力せずに、

復元ボタンをクリック

 「復元」ボタンをクリックします。

 復元が正常に完了したら、「再構築」を行って、正常に動作する事を確認して下さい。


注意)バックアップファイルは、必ずバックアップを行った Movable Type と同じ環境で復元して下さい。Movable Type のバージョンが異なる環境では復元できません(MT4のバックアップをMT5で復元するなど)。

・XREA+(CORESERVERも同様)で、Movable Type4.2のアクセスするデータベースが、MySQLになるよう変更します。

1.MySQLデータベースの作成

 XREA+のコントロールパネルで、「データベース」をクリックすると、「データベースの追加・編集」画面が表示されますので、

データベースの追加・編集画面

 MySQLの追加・編集欄で、
 ①追加するデータベースをラジオボタンで選択
 ②データベース名 兼 ユーザー名を入力
 ③データベースのパスワードを入力
 ④プルダウンメニューで文字コードにUNICODEを選択

 「作成」ボタンをクリックして、データベースを作成します。

 これで、MySQLの準備が出来ました。

重要)データベース名やユーザー名、データベースのパスワードを控えておきましょう。


2.DBをMySQLに変更

 DBをMySQLに変更するには、

 ①既存のMTのDB設定を修正してMySQLにアクセする為の情報を設定する
 ②新規にMTをインストールしてDB選択時にMySQLを指定する

 の二通りの方法があります。

 ここでは、mt-config.cgiファイルのDB設定を修正(既存のMTを利用)する事で変更しますので、事前にmtフォルダーからダウンロードしておきます。

 以下のデータベース項目の、

 ##### SQLITE #####
 ObjectDriver DBI::sqlite
 Database /virtual/(USER ID)/public_html/xyzxyzxyz/db/sqlite.db

 部分を

 ##### MYSQL #####
 ObjectDriver DBI::mysql
 Database (USER ID)_xyz ←データベースのデータベース名
 DBUser (USER ID)_xyz ←データベースのユーザー名
 DBPassword xxxyyyzzz ←データベースのパスワード
 DBHost localhost

 に変更します。(XREA+の場合、データベース名とユーザー名は同一となります)

注)DB設定を修正後、mt-config.cgiファイルを元のフォルダーに、忘れずに再アップロードします。


3.ブログのインストール

 MovableType4.2をMySQLに対応させる為、MT4.2にログインします。
 (ブログのインストールを行います)

 「アカウントの作成」画面が表示されますので、

アカウントの作成

 ①ユーザー名:   現在設定しているMT4.2のログインID
 ②表示する名前:  現在設定している表示名
 ③電子メール:   現在使用中のメールアドレス
 ④使用言語:    現在設定している使用言語
 ⑤パスワード:   現在のブログのパスワード
 ⑥パスワード再入力:確認の為のパスワード

 を入力して、「次へ」ボタンをクリックします。これで、"MySQLデータベースが初期化"されます。

「最初のブログを作成」画面が表示されますので、

最初のブログを作成

 内容を確認(または変更)して、「インストール」ボタンをクリックします。

 「インストールを完了しました」画面が表示されますので、

インストールを完了しました

 「MovableTypeにサインイン」ボタンをクリックして、ログインします。

 ブログモードのダッシュボード画面が表示されれば、

ブログモードのダッシュボード画面

 MT4.2のアクセスするデータベースが、無事にMySQLに変更されました。

・XREA+(CORESERVERも同様)で、Movable Type4.2のデータベースをSQLiteからMySQLに変更する為に、最初にブログのバックアップを行います。

 MT4.2にログイン後、ダッシュボード画面(ブログモード)で、「システムメニュー」をクリックして、システムモードに切り替えます。

ダッシュボード画面で、システムメニューをクリック

 

 「システムモードのダッシュボード」画面に替わりますので、操作メニューの「ツール」をクリックして、「バックアップ」を選択します。

操作メニューのツールで、バックアップを選択

 

 「バックアップ」画面が表示されますので、バックアップ情報を確認して、「バックアップを作成」ボタンをクリックします。

バックアップを作成ボタンをクリック

 ①バックアップするブログは、すべて
 ②圧縮フォーマットは、   zip
 ③出力ファイルのサイズは、 分割しない

 バックアップファイル作成後、自動的にファイルのダウンロードが始まります。

 

 バックアップ作業が終了すると、次の画面が表示されます。

すべてのデータは正常にバックアップされました

 バックアップが正常に行われた事を確認(画面の切り替わりが早く、気付かない事も)。

 


 以下は、名前を付けて保存する場合です。

保存の下矢印を選択

 

名前を付けて保存を選択

 

-Backup.zip のダウンロードが完了しました

 ダウンロードが完了した事を確認。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

タグクラウド

ウェブページ

お気に入りリンク

NOP法人 アジアチャイルドサポート 最も大切なボランティアは、自分自身が一生懸命に生きること