VC++ 2008 Standard Editionの再インストール

|

一旦、ハードディスクをVC++ 2008 Standard Editionをインストールする前の状態に戻し、再度インストールを行いました。

何故か、今度は上手くいったようです。

「cl.exe」のインストール位置を確認したところ、

 C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 9.0\VC\bin
 C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 9.0\VC\bin\x86_amd64
 C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 9.0\VC\bin\amd64

の3フォルダに、それぞれ存在しているようですが、勿論、ビルドに利用するのは、VC¥bin内にある「cl.exe」です。


今回のインストール項目選択は、

 ・Visual C++


前回のインストール項目選択は、

 ・Visual Web Developer

 ・Visual Basic
 ・Visual C++

 ・SQL Server 2005 Express Edition


まさかとは思いますが、前回のインストール時には、Microsoft Updateで

 ・Office 2007 Service Pack 1

をいれたのですが。

何がいけなかったのでしょうか?