XREA+レンタルサーバー上でZipファイルを解凍する その2

|

レンタルサーバーのXREA+(CORESERVERも同様)上で、最新版Movable TypeのZipファイルを、「PHPをCGIとして動かす方法」に従って、解凍スクリプトで解凍します。

●説明文に「標準ではモジュール版としてご利用いただけますが、セーフモードが有効、ユーザー名が自分ではないなどの制限があります。CGI版PHPとして動作させますと、その制限がなくなります。」とあり、
●ファイルの先頭行に「#!/usr/local/bin/php」を挿入します。

解凍(展開)したいZipファイルをレンタルサーバーのXREA+上に、FTPでアップロードします。
アップしたZipファイルと同じディレクトリ(フォルダ)に、下記のようなcgiファイルを作成します。
ファイル名には、好きな名前を付けて構いません。


#!/usr/local/bin/php                    // 必ず先頭行に挿入すること

<?php
 $zip_file = 'MTOS-5.2.8.zip';          // 展開するzipファイルを指定

 function unzip($zip_file) {
   return shell_exec("unzip $zip_file");
 }

 if($zip = unzip($zip_file)) {
   echo "<pre>$zip</pre>\n";             // 展開されたファイルが表示される
   echo "解凍成功:$zip_file";
 } else {
   echo "解凍失敗:$zip_file";
 }
 ?>

このcgiファイルにブラウザからアクセスすると解凍が始まり、解凍成功と表示されれば、圧縮ファイルが展開されています。

例えば、cgiファイル名を zipunzip.cgi 、アップロードするディレクトリ(フォルダ)を mtdaisuki.com とすると、ブラウザのアドレス欄に、http://mtdaisuki.com/zipunzip.cgi と入力してEnterキーを押下します。


解凍結果

Archive:  MTOS-5.2.8.zip
   creating: MTOS-5.2.8/
   creating: MTOS-5.2.8/tools/
  inflating: MTOS-5.2.8/tools/rebuild-benchmark 

中 略

  inflating: MTOS-5.2.8/mt-feed.cgi
  inflating: MTOS-5.2.8/readme.html 

解凍成功:MTOS-5.2.8.zip

となりました。


重要:信頼のおけるサイトのスクリプトを手に入れましょう。ウイルスの感染などには、最大限の警戒が必要です。