SQLiteまたはPostgreSQLからMySQLへの移行手順:Movable Type

|

・Movable Type5から、データベースとしてSQLiteが正式にサポートされなくなりましたが、MTには現在利用しているブログの「データベースの種類を変更」する機能がありません。

DBにSQLiteやPostgreSQLを使用している場合、MT5へアップグレードする前に次のように設定して、「MySQL5.x」に移行する事が求められています。(MT3やMT4からMT6へも同様)

1.MTのデータをエクスポート
 ブログのバックアップを行います。

2.MySQLの準備
 予め、データベース管理コマンドなどを使って、データベースとユーザーを作成し、データベース名とユーザー名、データベースのパスワードを控えておきます。

3.mt-config.cgiの設定
 MySQLにアクセスする為の情報を設定します。実際の設定値は、使用する環境に依存して変わります。
 (2.で控えたデータベース名やユーザー名、データベースのパスワードなどを設定)

4.エクスポートを行ったMTへデータをインポート
 バックアップしたブログを復元します。
 (復元後、再構築を行って動作を確認)

(5.Movable Type 5へアップグレード)

・データベース移行のポイントは、上記手順3で次の①か②のどちらかを実行し、

 ①mt-config.cgiのDB設定をMySQL用に変更してブログのインストール
 ②DB設定でMySQLを選択してMTを新規にインストール

 MTのDBアクセスをMySQLに変更する事です。

注意)MT5へアップグレードする場合、使用中のMTと同一バージョンのMTを使用してバックアップファイルを復元した後に、MT5へアップグレードする必要があります(MT3やMT4からMT6へも同様)。


用語説明。

 バックアップ:
 Movable Typeで管理している、ブログ記事、ウェブページ、コメント、トラックバック、ブログにアップロードした画像、テンプレートなどをまとめてバックアップします。サイズが大きい場合は、圧縮したり、複数ファイルへの分割も出来ます。複数のブログをまとめてバックアップすることも可能です。

 復元:
 バックアップファイルから、Movable Typeにブログを復元します。

 MTのドキュメントに復元の注意書きとして、「バックアップファイルは、必ずバックアップを行ったMovable Typeと同じ環境で復元して下さい。Movable Typeのバージョンが異なる環境では復元出来ません(MT4.2のバックアップをMT5.0で復元するなど)。」とあります。


以下、参考情報。

・Movable Typeには、現在利用しているブログの「文字コードを変更」する機能がありません。

それを実現するには、同様に次の

 1.ブログのバックアップ
 2.変更する文字コードで、MTを新規インストール
 3.バックアップファイルを、新規インストールしたMTに復元

作業が必要となります。