Windows8.1 疑似プログラムメニューでプログラムを選択・起動する

|

Windows8のスタート画面が余りにも使えないので、メモ書き程度の利用でお茶を濁していたら、マイクロソフトの横暴により、いつの間にやらアップデートが提供されなくなっていました。

仕方がないので、Windows8.1へアップデートした序でに、スタートメニュー擬きの疑似プログラムメニューでプログラムを起動する事にしました。


・タスクバーの何も無いところでマウスを右クリックし、表示されたショートカットメニューで「ツールバー」にマウスポインターを合わせます。

タスクバーを右クリックしてツールバーを選択


・プルライト(階層)メニューが表示されますので、「新規ツールバー」をクリックします。

階層メニューで新規ツールバーをクリック


・「新規ツールバー - フォルダの選択」画面が表示されますので、フォルダー欄に
  「%allusersprofile%\microsoft\windows\start menu\programs」
と入力して、「フォルダーの選択」ボタンをクリックします。

フォルダーの登録


・タスクバーに"プログラム"が追加されました。右横の「>>」をクリックすると、アプリを選択・起動出来るようになります。

タスクバーにプログラムメニューが追加


[元ネタ:日経PC21<=有り難うございます]

 以前は役立つ記事が結構ありましたが、この頃はどうしてしまったのでしょうか?