PHP5をWindows2000へインストール

|

PHPをWindowsシステムにインストールするのには、手動(手作業)とインストーラによるインストールの2種類があり、PHP5.2以降では、インストーラーはMSI形式となりました。

ここでは、Windows2000に手動でPHPをインストールします。


1.PHPファイルのダウンロード

 最初に、phpのWebページで、PHP5の最新版を確認します。

 2009年3月26日現在、最新の安定版は、PHP5.2.9です。

 「Current PHP 5 Stable: 5.2.9」をクリックします。


 ダウンロードページが表示されますので、

 「PHP 5.2.9-1 zip package」をクリックします。


 ミラーサイトページが表示されますので、

 「jp.php.net」か「jp2.php.net」をクリックして、zipバイナリアーカイブをダウンロードします。


 「ファイルのダウンロード」ダイアログボックスが表示されますので、

 「保存」ボタンをクリックして、適当なフォルダ(例えば、C:¥)にアーカイブを保存します。


2.PHPファイルの展開

 ダウンロードファイルを展開すると、zipパッケージは次のように、「php-5.2.9-1-Win32」のようなフォルダ名で展開されます。

 「C:\」に保存後、ファイルを展開して、「C:\PHP」のようにフォルダ名を変更すると良いでしょう。


3.ファイル構成

 展開されたファイル構成は、次のようになります。

 CGI実行ファイル、CLI実行ファイル、サーバモジュールなどがあります。


4.環境変数の設定

 4-1.CGI実行ファイル、CLI実行ファイル、サーバモジュールのいずれも「php5ts.dll」を必要としますので、PHPフォルダ(C:\PHP)をPATH環境変数に登録して、php5ts.dll を有効にします。

 「マイ コンピュータ」を右クリックして、「プロパティ」をクリックすると「システムのプロパティ」ダイアログボックスが表示されますので、「詳細」タブを選択して、「環境変数」ボタンをクリックします。


 「環境変数」ダイアログボックスが表示されますので、

 システム環境変数の「Path」を選択して、「編集」ボタンをクリックします。


 「システム変数の編集」ダイアログボックスが表示されますので、

 変数値の最後に、「;C:\PHP」を追加して、「OK」ボタンをクリックします。


 4-2.PHPが設定ファイル「php.ini」にアクセスできるように、php.ini が存在するフォルダ(C:\PHP)を変数名「PHPRC」に登録します。

 「環境変数」のダイアログボックスで、システム環境変数の「新規」ボタンをクリックすると、


 「新しいシステム変数」ダイアログボックスが表示されますので、

 変数名に「PHPRC」、変数値に「C:\PHP」を追加して、「OK」ボタンをクリックします。


5.PHPの動作確認

 コマンドプロンプトを開いて、「php -r "echo 'Hello World';"」と入力、リターンキー押下で、

 Hello World と表示されたら、インストール完了です。