PHP5のmbstringに関するphp.iniの設定

|

1.設定ディレクティブに関する簡単な説明。

 mbstring.language ------------- mbstringで使用されるデフォルトの言語を設定。

 mbstring.encoding_translation - HTTPクエリに関して、入力文字エンコーディングの検出/変換を設定。

 mbstring.internal_encoding ---- デフォルトの内部文字エンコーディングを設定。mbstring.language の後に置く必要がある。

 mbstring.http_input ----------- デフォルトのHTTP入力文字エンコーディングを設定。

 mbstring.http_output ---------- デフォルトのHTTP出力文字エンコーディングを設定。

 mbstring.detect_order --------- デフォルトの文字エンコーディング検出順序を設定。

 mbstring.substitute_character - 無効な文字を代替するデフォルト文字を設定。

 mbstring.func_overload -------- シングルバイト対応の関数をmbstring関数の対応する関数で置換(オーバーロード)。

 mbstring.strict_detection ----- 厳密なエンコーディング検出を行う。


2.EUC-JPユーザ用のphp.ini設定例

output_buffering              = Off    ; 出力バッファリングを無効に設定
default_charset               = EUC-JP ; HTTPヘッダの文字コードセットを設定

[mbstring]
mbstring.language             = Japanese
mbstring.encoding_translation = On
mbstring.http_input           = auto
mbstring.http_output          = EUC-JP
mbstring.internal_encoding    = EUC-JP
mbstring.substitute_character = none


3.SJISユーザ用のphp.ini設定例

output_buffering              = On                ; 出力バッファリングを有効に設定
output_handler                = mb_output_handler ; 出力文字エンコーディングの変換バッファを設定
default_charset               = Shift_JIS         ; HTTPヘッダの文字コードセットを設定

[mbstring]
mbstring.language             = Japanese
mbstring.encoding_translation = On
mbstring.http_input           = auto
mbstring.http_output          = SJIS
mbstring.internal_encoding    = EUC-JP
mbstring.substitute_character = none